当社の特徴

HOME当社の特徴

当社の経営コンサルタントの
内容

一般的な経営コンサルタントの仕事内容は、多岐にわたります。
一般的に経営コンサルタントといっても、業務分析や人事や組織分析、財務管理などさまざまです。
当社は、一言で言えば「資金繰り管理の基礎、財務管理を徹底して教えるコーチ」です。
20年の銀行員経験を生かし、銀行からの融資のお手伝い(成功報酬等はいただきません)も行います。
また、資金繰りに関してや、財務管理、銀行融資等に関する交渉術セミナーも随時開催しております。

セミナーページへ
専門用語はできるだけ使わずに、皆さんが理解しやすい単語で理解できるまでコーチングさせていただきますので、 財務用語や経理用語がわからない方もぜひお問合せください。

資金繰り管理と損益管理の違い

多くの経営者の方が決算書の読み方の勉強は一生懸命しますが、自分の会社のお金の流れ(資金繰り)を見ていないケースが見受けられます。
決算書で売上高を把握し、経費を把握し、どれだけ儲けているのかを把握するのが「損益管理(管理会計)」です。 そのこととお金が手元に残っているかは別問題です。
利益が出ていても「お金は手元にない」では正しい経営とは言えません。
お金の流れ、残高を把握し、将来現金がどれだけになるのかを見極めることが「資金繰り管理」です。
この2つをしっかり理解し、把握するだけでも経営が変わります。
当社では、資金繰りを管理する「資金繰り表の作成方法とその見方」をコーチいたします。
資金繰り表の作成アプリを弊社からご提供いたしますので、エクセルがあれば作成可能です。

財務管理とは?

簡単に言うと、「会社のお金の運用とその目標を管理する」ことです。
そのために、「計画、実践、確認、修正」の4つを繰り返し行うことで、目標通りに進んでいるか管理が可能です。
弊社では、この「計画、実践、確認、修正」(通称・PDCAサイクルと呼ばれます)を、クライアントさんと一緒に立て、
第三者として管理してゆきます。

経営コンサルタントと
税理士さんとの違い

税理士さんは「税務のエキスパート」です。
会計処理が正しく行われているか?納税漏れがないか?適切な税申告書になっているか?などを主に管理してくれます。
経営コンサルタントの業務は多岐にわたっており、
当社では「会社のお金の健康状態」「お金の収入・支出の流れ」を、
コーチング・管理させていただきますので、全く異なります。
また、20年の銀行経験を生かして金融機関からの融資を受けるお手伝いも行っていきます。

Webミーティングで
全国の方に対応します

当社では、沖縄県の八重山諸島・宮古島を始めとする離島や全国の方にも対応させていただきます。
・会社のお金の流れが正しいのか?
・会社の収入・支出の流れは正しいのか?
・会社が継続できる資金状態なのか?
・今後、雇用を増やしたい、給与を増やしたいが売上目標はどのくらいがよいのか?
などにお悩みの方、ぜひご相談ください。
Webカメラとマイクがあるパソコン、 もしくはスマートフォンがあれば、 弊社とリアルタイムでWebミーティングが可能です。

TOPへ

SNS・動画


閉じる